-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2015-04-30 11:04 | カテゴリ:レタス栽培
    待ちに待ったGW。
    溜まりに溜まった農作業?@水耕栽培をのんびり片付けていくことにします。

    というわけで、まずはスポンジ苗がずいぶんと育ってきたので、
    水耕プランターへ定植することに。

    1-20150430_005957314_iOS.jpg
    こちらの平トレー栽培です。

    用意するものは、以下のとおりです。

    1-20150428_115938426_iOS.jpg

    ・平トレー(ダイソー製)
    ・工作用板(ダイソー製、素材:ポリスチレン)
    ・苗(スポンジの下から十分に根が伸びているもの)
    ・養液

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    まず、苗を取り出して、根を確認します。

    1-20150428_120120174_iOS.jpg
    スポンジをつまんで持ち上げたところ

    スポンジ裏に伸びた根が絡まっているようなら、
    切れないようにやさしく伸ばしてやります。

    1-20150428_120151850_iOS.jpg
    カラー板にスポンジを埋め込みます。

    スポンジが落ちないように、カラー板に少し小さめの穴を空けて、
    そこから根を通して、スポンジで穴を塞ぐように植え付けます。

    1-20150428_120248093_iOS.jpg
    上から見ると、こんな感じ

    1-20150428_120236161_iOS.jpg
    真横から見ると、こんな感じ

    カラー板の下に伸びた根が、平トレーに張った養液にちゃぽんと浸かるイメージです。

    これを苗の数だけ繰り返せば、完了です。
    もし、根が細かったり短かったりして不安なら、
    細く細く切った不織布(下写真ではポリエステル素材のフェルトを使っています)を
    スポンジに挟んで垂らすとよいと思います。

    1-20150428_121747374_iOS.jpg
    作業が完了した直後の状態

    苗が自立できずにフニャっとしていますが、根さえちゃんとしていれば、
    この環境に慣れてきた頃にシャキっとするので大丈夫です。

    あとは、余った穴をスポンジ等で埋めて、虫が入らないように防御したら完成。
    いちばん最初の写真のような平トレー栽培プランタが完成です。

    ちなみに、外で育てようと思うと、これからの季節は虫でいっぱい。
    アブラムシやアオムシに集られて、生食し辛い野菜になってしまいます。
    そこで用意するのが、こちら。

    1-20150430_010010206_iOS.jpg
    洗濯ネットハウス!!

    大きめで目の細かいドラム缶型の洗濯ネットの中に、折りたたみ式のランドリーバッグを入れて支柱代わりにしています。
    どちらもダイソーで手に入れましたが、ランドリーバックは最近手に入れるのが難しくなっていますので、マメに探してみてください。(100円にこだわらなければ、あちこちで販売されているようです)

    さぁて、美味しく育ってくれるかな??

    お休みのうちに、定植作業いろいろ片付けるぞぅっと!

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://yaefit1500.blog.fc2.com/tb.php/971-4251e519
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。