2014-05-28 18:00 | カテゴリ:ひょうたん
    我が家のベランダ、去年のグリーンカーテンはパッションフルーツでした。

    いくつかの実が生ったけれど、全て強風などが原因で落ちてしまい、全く収穫できませんでした。
    ただ、グリーンカーテンとしてはかなり優秀で、しっかりした大きな葉が茂り、ほとんど落葉しないので、手入れが本当に楽でした。

    問題は、樹液。
    花だけでなく、木そのものが、ハチの好む香りを出しているようで、確かに去年は、それはそれはバラエティに富んだハチが飛来して、怖くて水やりどころではなかったのです。

    今年こそ実を生らせるべくリベンジだ!と思っていたのですが、それを知って泣く泣く諦めました。

    そんな中、選んだのがひょうたんです。
    ひょうたんは、ひょうたんでも、食用のひょうたん。
    名古屋は愛知県のお隣にある岐阜県の養老町というところが、ひょうたんの産地で、そこで苗を分けてもらったのだな。


    こんなに育ってます!


    いよいよ摘心しました

    親づるを落としたことで、小づる孫づるが育つようになります。
    ひょうたんは、孫づる>子づる>親づるの順に雌花がつきやすいのだとか。
    どうせ育てるなら、食用ひょうたんをたくさん収穫したいですよね!

    つるが何本もに分かれることで、グリーンカーテンが横に美しく広がることも期待できるし、一石二鳥なのです。


    根っこがしっかり養液に届きました

    あとは、ぐんぐん育つのを待つばかりです。

    ひょうたんが食べられるなら育ててみたい人、いっぱいいそう?
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://yaefit1500.blog.fc2.com/tb.php/887-9470a1eb