2014-05-18 18:00 | カテゴリ:トマト
    適切なタイミングで定植できなくて、第一花房の着果を逃したトマトたち。

    去年は最初の花房にトマトトーンを噴霧しながら、役に立ってるんだろうか?と思っていたけれど、役に立っているんだなぁ、と感じた今年の栽培スタートです。

    とはいえ、いくつかのトマトで、着果が始まっています。

    2014-05-14-010.jpg
    クオール・ディ・ブェ、小さいうちから牛臓フォルムです♪

    2014-05-14-011.jpg
    コストルート・ジェノベーゼ、あんまりヒダ感が出ていません

    2014-05-14-013.jpg
    インディゴ・ローズ、さすが幼果のうちから濃い色をしています。

    タイ・ピンク・エッグは、定着後、まだ開花に至っていません。

    2014-05-14-014.jpg
    とぐろを巻いた幹から立派な葉茎が育ってきました。

    ただ、元気のなかった下葉の先に、濃緑の葉がわさわさ出てきています♪
    そのうちまた、力強い花芽も出てくると期待しています。

    イタリアン・アイス・ハイブリッドは、定植前に伸びすぎてしまって、
    根元がスカスカになっていたので、茎を水平に倒して背丈を調整していました。
    これには良い効果があって・・・

    2014-05-14-012.jpg
    脇芽がたくさん出てきました

    土栽培だと、きちんと摘心しないといけないと聞きますが、水耕栽培では伸び放題にしておいてもちゃんと育ちます。ちゃんと育つけど、高い位置の脇芽は管理しづらいので、こういう低い位置から出た脇芽は大事にしたい・・・と思うのは、素人考えでしょうか?
    白いミニトマトがたくさん生るかしら?と皮算用しながら、このまま育ててみます。

    ショコラの写真を取り忘れましたが、たくさん花が咲いているので、こちらも着果するのを待とうと思います。

    いろいろ選んだのに黒とか藍とか茶とか多くて暗い?来年は橙も!
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://yaefit1500.blog.fc2.com/tb.php/881-682e0ff8