-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2014-05-16 03:29 | カテゴリ:イチゴ
    今年は苗取りに専念するつもりだったのです。

    でも、かわいらしい花が咲き、今からでも美味しいのが採れると思うけど?とアドバイスをいただいて、我慢せずにいられようか?

    実るイチゴのサイズは、花のサイズに比例するそうです。どんなに頑張っても、貧弱な花が大きな実を実らすことはないのだとか。
    つまり、大粒の美味しいイチゴを食べようと思ったら、1つの花房から咲くいちばん大きな花以外は、摘花するのが良いそうです。
    わたしもそれに習って、1つの花房からいちばん大きな花だけを残し、あとは泣く泣く摘み取りました。

    で、昨日、ベランダに出てみたら、こんなステキな光景が待ち受けていたわけで。

    1-2014-05-14-001.jpg
    お??

    2-2014-05-14-002.jpg
    おお???

    苗がまだしっかり水耕栽培に馴染んでいないうちから花を咲かせてしまったからなのかな?実は決して大きい物ではありませんでした。でも、柔らかくて甘い、おいしいイチゴが食べられました。

    4-2014-05-14-003.jpg
    今年は諦めていた自家製のイチゴ「あかねっ娘」が、想像以上に美味しく食べられて幸せでした。

    3-2014-05-14-004.jpg
    ランナーも伸びています

    あかねっ娘は、実らすだけでなく、ランナーもしっかり伸ばしてくれています。
    いちばん大きな子株は、既に根のようなものが形成されてきていて、早く苗ポッドに挿してあげたい感じです。

    この夏に株を増やして、来年春にはたくさん美味しいイチゴが食べたいなー♪


    あかねっ娘の正式名称は愛知二号。実は愛知県産の品種です。
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://yaefit1500.blog.fc2.com/tb.php/878-50e02d3d
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。