-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2014-03-17 22:14 | カテゴリ:プチっと水耕栽培
    昨日は、トマトを2リットルのペットボトルに植え替えました。

    でもこれは、夏になる前までの仮の姿です。
    夏が近づけば、トマトの吸水量は半端なく多くなり、ペットボトルの下半分ではおよそ容積が足りなくなります。
    その頃には、発泡スチロールの箱やゴミ箱などの、大きめの容器に移し替える必要があります。

    慣れてないと、コレはちょっと面倒ですよね?

    もうちょっと手軽に水耕栽培を試したいと思ってる人!
    植え替えとか面倒だと思ってる人!
    プチっと水耕栽培を購入した(ありがとうございます!)けど、まだ始めてない人!

    500mlのペットボトルで今から始めましょう!

    私は今日、500mlのペットボトルを3本かき集めて、種まきをしました。
    その様子をちょっと紹介します。


    ペットボトルをカットします


    上の部分は栽培層、下の部分は養液層として使います

    切り口は、うっかり手を切らないように、絶縁テープを巻いて保護します。
    養液層は、アルミホイルで遮光し、その上からアルミシートで保温します。


    養液を栽培層に吸い上げる仕組みをつくります

    フェルトの帯はポリエステル100%のものを選びましょう。
    天然素材のものは、途中で腐ったりカビたりして悲惨です。


    プチプチの帯でペットボトルの口の隙間を防ぎます。
    栽培層にバーミキュライトを入れて十分に湿らせ、種を撒きます。


    種はダイソーのレタスミックス。
    100円ショップと侮ることなかれ、発芽率も生育も良くてオススメです。


    バーミキュライトとフェルトにしっかりと水を含ませて、
    養液層に養液を満たして準備完了。
    あとは発芽を待つばかりです。

    あ、ペットボトル栽培は、軽くて倒れやすいので、転倒防止対策は重要ですよ!!

    駆け足での説明でしたが、作り方は分かりましたか?
    使ったものは、全て100円ショップで手に入ります。

    ぜひ、試してみてください♪。



    一緒に水耕栽培を始めましょう~!
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ



    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://yaefit1500.blog.fc2.com/tb.php/863-cb6400dc
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。