FC2ブログ
    2009-12-09 21:48 | カテゴリ:未分類
    久しぶりの投稿になってしまいました。まるっと1週間ぶりです。

    すっかり寒くなって、朝のベランダに立つ時間がガクンと減りました。
    夜はどんなに急いで帰っても、既に日が落ちて真っ暗闇だし。

    植物の方も成長が緩慢になって、1週間水遣りしなくても大丈夫なくらい。
    もうほんと、毎日35リットルも水汲みしてたあの夏がウソのようです。

    ******************************

    それはさておき。

    夏の間に増やしたおよそ40株のイチゴの苗も、元気よく育っているものから順番に嫁に出してきました。残るのは貧弱株ばかりになってきましたが、貧弱ながらも枯れないで頑張っているので、暇を見つけて定植しています。ほんとにボチボチですが。

    それでも、塵も積もればじゃないけれど、ペットボトルのイチゴが11株にもなりました。

    出窓のイチゴは8株に増殖

    ベランダのイチゴは、イチゴ3兄弟

    11月に葉っぱが紅葉してきてビックリしたわけですが、養液を全部入れ替えてから、ずいぶんと調子が良くなったみたいです。よかった、よかった。

    そのお陰かどうかわからないけれど、出窓のイチゴ1株と、ベランダのイチゴ1株が、花を咲かせています。

    ベランダのイチゴに花芽がつくなんて
    ほんと暖冬なんですね

    こちらは出窓のイチゴ
    実が膨らむかどうかは、かなり微妙

    出窓のイチゴは1株だけだけど、
    3個も花芽がつきました

    受粉することを全然考えていなかったのだけれど、やっぱり筆を使って受粉するのがいいのかしらん?

    夏の間は、ナスでもトマトでもピーマンでも、電動歯ブラシの振動で受粉させていたのだけれど、イチゴの花は、あんまり花粉の飛び散る様子がないので、この方法じゃダメかな?

    ペットボトル栽培がいちばん多いのだけれど、発泡スチロールに植え替えたのもあります。

    ペットボトルじゃないイチゴたち

    奥の4株(バケツ栽培と、土を使わない発泡スチロール栽培)は親株たちです。葉が紅葉するのが止められず、ちょっと心配な感じ。

    そして、いちばん手前の3株が、あたらしい発泡スチロールの栽培装置です。苗ポッドに植えたイチゴを埋め込んであります。苗ポッドの底には不織布が垂らしてあって、そこから養液を吸い上げています。

    最後に、ずいぶん減ったとはいえ、まだ定植していないイチゴの苗もあります。

    はやく植え替えてよ!!

    この子たちは、どうやって育てようねぇ・・・。やっぱり、ペットボトルかな・・・??

    イチゴの苗たち、元気に大きく育ったら、
    また嫁に出さないと・・・
    ↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ


    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://yaefit1500.blog.fc2.com/tb.php/445-6d300de6