2011-05-25 01:02 | カテゴリ:未分類
    今年のすくすく水耕栽培のベランダでは、トマト3兄弟(コストルート・ジェノベーセ/タイ・ピンク・エッグ/サンマルツァーノ・ルンゴ)+姉御(アイコ)を育てておりますが、どれも旺盛な感じになってきましたよ。

    いちばん花芽がついているのが、タイ・ピンク・エッグ
    花芽のつく量は、タイ・ピンク・エッグがダントツです。
    ちゃっちゃと花を咲かせていきます。第一果房には実がつき始めました。

    コストルート・ジェノベーゼ 相変わらずの鬼花!
    少し成長が遅れ気味のコストルート・ジェノベーゼにも、立派な鬼花がつきました。
    去年も結構な鬼花でしたが、今年はどうかなぁ!
    とりあえず、我が家のトマトの中で唯一の鬼花なので、これは間違いなくコストルート・ジェノベーゼに育っているようです。

    姉御のアイコ、いちばん大きな実がついています
    あとちょっとで、市販のサイズになると思われます。かなり大きくなってきました。
    いちばん最初についた実なので、いちばん早く収穫できると信じています。

    今年のルンゴは、ルンゴな実が育っています
    去年、サンマルツァーノ・ルンゴのはずが、ちっともルンゴ(長く)なかったルンゴの実。おかげで、サンマルツァーノ・ミステロ、とか勝手な命名をしていたわたしですが、今年は違いますよ!ちゃんと長細い実が生っています。

    やっぱり、生まれが違うと、後々の育ちも違ってくるんですかねぇ。。。
    我が家が生まれの去年の苗と、duckbill家生まれの今年の苗とでは、同じ品種とは思えません。苦笑

    トマトは花芽がついてから収穫までに、けっこう時間がかかるので、ヤキモキしますね。


    今年のトマトの実は、着実すぐから品種によって形が違います。それが当たり前なんですけどネ・・・
    ↓↓↓↓↓↓
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ


    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://yaefit1500.blog.fc2.com/tb.php/254-c03f458a