2016-05-09 11:13 | カテゴリ:トマト
    まぁ、毎年のことと言えばその通りなんですが、トマト苗の出来栄えが貧弱です。

    安価なLED採光パネルを使っての育苗は、日差しの弱くて気温の低い冬場には威力を発揮しますが、そのままで春先まで育ててしまうと、光量が足りずになんとも貧弱な苗になってしまいます。

    昼間の暖かいうちにベランダに出したり室内に取り込んだりできれば、朝夕の寒い季節でも自然光を使って、もう少ししっかり育てられると思うんですけど、日中ほとんど家にいない生活&できるだけ家族に頼らないルールなので、しかたない。今年もぼんぼん育ちなトマト苗の出来上がりです(^_^;)

    そんななので、もう寒さが戻ることのないだろうGWあたりにぼんぼんたちをベランダに出すと、十中八九(うそ、ほとんど100パーセント)日差しに負けます。淡い色をした葉っぱたちはみるみる葉焼けしていくのです。さようなら…

    でも、諦めちゃいけません。ぼんぼんトマトたちだって頑張れるのです。
    今まで生えていた葉を枯らしながら、新しい環境で芽吹く新芽は、なかなかのものなのです。



    分かるでしょうか?
    ベランダデビューする前からあった葉たちは、弱々しく色も淡くて、いまにも枯れてしまいそうですが、てっぺんで新しく芽吹いた葉は見違えるように立派です。

    ぼんぼんトマト、やるじゃんか。笑

    こんなの、プロが見たら呆れると思います。なんじゃこら?です。決して褒められたものではありません。
    でもね、ちゃんと育つんです。収穫もしっかり楽しめます。

    わたしは趣味で水耕栽培をしています。本業はとても拘束時間が長いので、特に日中はきめ細かいケアができません。

    言いたいのは、それでも「楽しめる」ってことです。もっといろいろ出来るかもしれない、もっと立派に育てられるかもしれない、でもやれる範囲でやって、やれる範囲で楽しめればいいじゃん?失敗してもいいじゃん?気楽にやればいいじゃん?と思います。

    その先に、余裕が持てたら手塩にかけてやればいいし、楽する方法を考えるのも楽しいし、そうやって発展していければいいなぁ、と。


    気楽に楽しめるレベルを既に超えつつありますが…

    今年も忙しくなりそうなので、あんまり広げないようにと思ってたけど、そこはなかなか難しいですな…

    ぼんぼん苗たちは、本格的な栽培スタイルに移行するまで、市販苗の増殖にハラハラしながら、この狭い軒下で場所取り合戦し、猛暑に耐えるカラダ作りをしていくことでしょう。

    頑張れ、ぼんぼん苗たち!!

    まだ空芯菜とか増やしたいんだけどな?苦笑
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://yaefit1500.blog.fc2.com/tb.php/1018-f3ea5cb4