2016-05-30 19:33 | カテゴリ:トマト
    タイ・ピンク・エッグは、我が家にとって特別なトマト。
    3年前に死んだ愛犬、通称お犬さまが、こよなく愛したこのトマト、我が家では特別な思いを持って食卓に並びます。

    去年は残念なトラブルがあって、タイ・ピンク・エッグを収穫することができなかったので、今年は方々に種の提供をお願いして、間違いのないようにと大切に育てています。

    そんな今年のタイ・ピンク・エッグは3株。

    いずみさん提供のもの

    ゴミ箱水耕栽培&分厚いピクニックシートで断熱中

    そしてruneさん提供のもの

    発泡スチロール水耕栽培&分厚いピクニックシートで断念中

    そして自分が過去に種を採取していたもの

    ゴミ箱水耕栽培&断熱なし

    同時に種をまいて、少しづつ環境を変えながら、同時に育ってきた3株。
    3株ともベランダの灼熱の太陽を浴びながら、すくすくと成長中です。

    …と言いたいところなんてすけど。

    うすうす疑問に思ってくれた方もいるかもしれませんが、そうなんです、一番期待していた発泡スチロール栽培だけ、なんだか成長が出遅れてしまっているのです。


    あんまり成長が進まない…

    それもそのはず、この株だけ、なんだか根の成長が遅いのです。


    たったこれだけ

    ちなみに、一番成長の進んでいる、いずみさん株は、こんな感じ。


    フェルトの帯を伝って、養液に根が到達

    こうなると、ぐんぐん栄養を吸って成長するのよね。

    runeさん株は、当初いちばん立派に成長していて、だから発泡スチロールといういちばん良い(大容量の)環境に選んだものだから、ただただ首を傾げています。

    なにがいけないんだろう?runeさんに申し訳ない…(>_<)



    ちょっと思ったのは、種まきした時に使ったスポンジが、そのまま剥き出しになってしまっていたこと。上に被せていたバーミキュライトが少なかったのかもしれません。
    これでは、灼熱の太陽に晒されたら、根元に水分がなくなって熱さも直に伝わって、株に負担になっていたかもしれない…

    そういうわけで、バーミキュライトを少し足して、スポンジが見えないように覆いました。
    少しは効果があるといいな?

    ゴミ箱より、大容量で熱を通しにくい発泡スチロールは、大きく育てるのに良い環境だと思っているのですが、一体なにが悪かったのか…どなたか思いつくことがありましたら、アドバイスください~。

    タイ・ピンク・エッグをうはうは収穫するのだ~
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    2016-05-24 13:34 | カテゴリ:トマト
    今年は出遅れていると重々承知してましたが、
    それにしてもこんなに遅れているとは…
    去年の写真を見てビックリです。


    左が去年、右が今年

    なんという落差…orz

    我が家のベランダは灼熱地獄なので、トマトの収穫は割といつも先行逃切型な感じなんですけど、今年は猛暑だって言うしなぁ…

    とはいえ、今年初のトマトの花も咲きました。


    念願のタイピングエッグ

    着果し損なわないように、しっかりトマトトーン散布しておきましたよ。


    左端がいずみさんから頂いた種のタイピングエッグ
    右端がわたしの種からのタイピングエッグ


    そして、runeさんから頂いた種のタイピングエッグ

    どの種も、おそらくNaomiさんが源流なんではないか?とののとでした。

    去年のタイピングエッグは訳あって大失敗したので、今年は去年の分まで挽回したいところです。

    祈るように散布したトマトトーン、実はうっかり一冬屋外に置きっぱなしだったので、中身が大丈夫か心配なのは、ここだけの話です。汗

    トマト、あとはスーパースノーホワイトとパープルカラバッシュが生育中です
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    2016-05-09 11:13 | カテゴリ:トマト
    まぁ、毎年のことと言えばその通りなんですが、トマト苗の出来栄えが貧弱です。

    安価なLED採光パネルを使っての育苗は、日差しの弱くて気温の低い冬場には威力を発揮しますが、そのままで春先まで育ててしまうと、光量が足りずになんとも貧弱な苗になってしまいます。

    昼間の暖かいうちにベランダに出したり室内に取り込んだりできれば、朝夕の寒い季節でも自然光を使って、もう少ししっかり育てられると思うんですけど、日中ほとんど家にいない生活&できるだけ家族に頼らないルールなので、しかたない。今年もぼんぼん育ちなトマト苗の出来上がりです(^_^;)

    そんななので、もう寒さが戻ることのないだろうGWあたりにぼんぼんたちをベランダに出すと、十中八九(うそ、ほとんど100パーセント)日差しに負けます。淡い色をした葉っぱたちはみるみる葉焼けしていくのです。さようなら…

    でも、諦めちゃいけません。ぼんぼんトマトたちだって頑張れるのです。
    今まで生えていた葉を枯らしながら、新しい環境で芽吹く新芽は、なかなかのものなのです。



    分かるでしょうか?
    ベランダデビューする前からあった葉たちは、弱々しく色も淡くて、いまにも枯れてしまいそうですが、てっぺんで新しく芽吹いた葉は見違えるように立派です。

    ぼんぼんトマト、やるじゃんか。笑

    こんなの、プロが見たら呆れると思います。なんじゃこら?です。決して褒められたものではありません。
    でもね、ちゃんと育つんです。収穫もしっかり楽しめます。

    わたしは趣味で水耕栽培をしています。本業はとても拘束時間が長いので、特に日中はきめ細かいケアができません。

    言いたいのは、それでも「楽しめる」ってことです。もっといろいろ出来るかもしれない、もっと立派に育てられるかもしれない、でもやれる範囲でやって、やれる範囲で楽しめればいいじゃん?失敗してもいいじゃん?気楽にやればいいじゃん?と思います。

    その先に、余裕が持てたら手塩にかけてやればいいし、楽する方法を考えるのも楽しいし、そうやって発展していければいいなぁ、と。


    気楽に楽しめるレベルを既に超えつつありますが…

    今年も忙しくなりそうなので、あんまり広げないようにと思ってたけど、そこはなかなか難しいですな…

    ぼんぼん苗たちは、本格的な栽培スタイルに移行するまで、市販苗の増殖にハラハラしながら、この狭い軒下で場所取り合戦し、猛暑に耐えるカラダ作りをしていくことでしょう。

    頑張れ、ぼんぼん苗たち!!

    まだ空芯菜とか増やしたいんだけどな?苦笑
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ
    2016-05-05 09:36 | カテゴリ:その他
    ずいぶんとご無沙汰になってしまいました。

    ここのところずっと、忙しすぎて手が回らず、種蒔きも育苗もボロボロでした。
    GWあたりで定植するのに良いサイズになろうかと2月に種蒔きしたトマトは、
    目も当てられないほどヒョロヒョロに…(T_T)


    暗いところで撮ると良さげに見えますが実情は悲惨です

    その他の種はほとんど蒔けず、あっという間にGWになってしまったという…

    今年の春夏は出遅れ感半端ないですが、そんなとき頼みの綱なのはホームセンター。
    さすがこの季節はステキな野菜苗が出回ります。
    今年はオーソドックスな品種の野菜を育てよう!という目標もあるので、
    正々堂々と?市販品の苗で挽回することにします!

    と言うわけで…


    急場凌ぎの今年のラインナップ(^_^;)

    タイピングエッグ(トマト)
    スーパースノーホワイト(トマト)
    モロヘイヤ
    オクラ
    大葉
    パープルカラバッシュ(トマト)
    バジル
    ししとう
    伏見甘長
    雲南百薬
    矢車草

    あれもこれもと選んでるうちに、あっという間に増えてしまいました(^_^;)

    このGWはなんだか風がものすごく強くて、
    定植したトマトが倒れたり、ペットボトルがベランダに散乱したり、
    いきなりトラブル続出ですが。


    葉先怪しいけどなんとか息を吹き返したみたい

    庭先で芽吹いてくれた大葉とか、


    コレ大葉だよね?

    日光焼けしそうなボンボントマト?とか


    両脇がタイピングエッグ
    LED育ちのひ弱っこにGWの太陽はギラギラすぎ?

    今年も波乱が多そうですが、なんとか頑張ります~(^o^)/

    途切れ途切れになるかもですが今夏もどうぞよろしゅうお頼もうします m(_ _)m
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ