2014-04-30 18:00 | カテゴリ:イチゴ
    イチゴ栽培は苗が勝負、と聞いたのは3月末頃のことでした。

    その話の流れで、質の良いイチゴの苗をいただいたのは先日書いたとおりなのですが、早くもランナーが!

    2014-04-28_2.jpg
    定植直後から元気のよかった親株が真っ先にランナーを出しました。

    イチゴは、このランナーの先に育ってくる株を子株・孫株として育て、増やしていきます。
    ひと夏頑張って苗取りすると、けっこうな量の苗を増殖することができます。

    せっかくいただいた良い苗なので、ここはひとつ株を増やして、来年の春には美味しい自家製イチゴをたくさん食べよう、という計画。

    楽しみです♪

    今年は苗取りと言いながら、膨らみ始めた実も大事にしていたり
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ
    2014-04-30 02:01 | カテゴリ:トマト
    育ちすぎたトマト苗。

    先週に2株をベランダへ定植しましたが、まだ6株が残っています。
    なかなか栽培スペースを確保できず、ジタバタしているうちに5月になってしまいそう。

    今日は雨が降り出す前に、なんとか2株をベランダに出しました。

    2014-04-29_1.jpg
    追加したのは、左2株。

    これで、ベランダ栽培が確定したのは、
    ・スーパー・スノー・ホワイト
    ・コストルート・ジェノベーゼ
    ・ショコラ
    ・クオール・ディ・ブエ
    の4品種です。

    あと4株。どうするかなぁ・・・??

    育ててくれる方、募集中?笑
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ


    2014-04-25 18:00 | カテゴリ:プチっと水耕栽培
    500mlの小さなペットボトル水耕栽培キット「プチっと水耕栽培」を使って、ミックスレタスの栽培を始めたのは、3月中旬のことでした。

    あれから1ヶ月。

    20140425_IMG_1849.jpg
    ガラスエッジのアクリルで作ったペットボトル立てに入ってます

    日当たりがさほど良くない東側の出窓で育てていますが、今やっとこんな感じになりました。

    ちょっとのんびりさんですが、梅雨時期くらいには、サラダにして食べられるかな?

    葉野菜は水耕栽培の中でも特に簡単です。初心者にオススメ!!
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ

    2014-04-24 20:00 | カテゴリ:イチゴ
    イチゴの栽培は、ここのところやっていませんでした。

    またトライしてみようかな?と、去年の秋に、章姫の苗を買いました。
    MakerFaireTokyo2013のときにも、runeさんからも四季成りイチゴの苗をいただきました。

    室内の窓際で2リットルペットボトルで育てていたのですが、いまひとつ生育が悪く、
    冬を越す間にハダニに襲われたりして、かなり不調に終わってしまいました。

    20140423_IMG_1841.jpg
    イチゴが食べられる気がしない・・・汗

    そんなことを、オフィスで愚痴っていたら、栽培に詳しい方に衝撃の事実を教えられました。

    「イチゴの成否は苗にかかっている」

    苗がダメだと、どんなに頑張っても美味しいイチゴは育たないのだそう。
    ホームセンターに販売されている苗は、プロが使う苗の失敗作がほとんどだそうで、
    本当に良い苗を手に入れるのは、通常ルートでは不可能ということでした。

    それはショッキングなニュース!

    そんなことを話していたら、プロから分けてもらった良い苗で、
    しかも3年を越して生き残った病害虫に強い丈夫な苗があるということで、
    それをおすそ分けいただけることになりました♪

    20140423_IMG_1805.jpg
    隣の市までドライブして、いただいてきた状態の苗

    畑に増殖していたニラもいただいたので、一緒に植えることに。

    20140423_IMG_1806.jpg
    こちらは、ゴミ箱を使って水耕栽培します。

    7リットルのゴミ箱(ダイソー製ですが現在廃版、キャンドゥに似たのがあります)の上に、
    台所の三角コーナー用ネットを被せたストッカーを乗せて使います。

    20140423_IMG_1812.jpg
    植替え直後の様子。

    品種は、あかねっ娘。愛知で生まれた品種だそうです。

    あかねっ娘 : http://www.geocities.jp/higasyan/akanekkopage1.html

    来年の春には美味しいイチゴを収穫すべく、
    今夏はランナーを取って株を増やすのに専念するつもりです。

    20140423_IMG_1942.jpg
    左側が親株、右側が子株だそうです

    美味しいイチゴを育てるぞーぅ!!

    親株からは、早くもランナーが出始めています
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ


    2014-04-23 22:54 | カテゴリ:トマト
    室内で大きくなりすぎて、花まで咲き始めたトマトの苗たち。

    冬場は日当たりの悪い我が家ですが、ベランダには日差しが戻ってきています。
    去年はGWも寒くて寒くてコートを羽織っていた記憶がありますが、
    それに比べたら、今年はかなり暖かいですね。

    もう、待ったなしです。

    というわけで、いよいよベランダに定植します!

    ・・・と言っても、我が家のベランダに8株も並べる場所はなく、
    去年栽培に使った発泡スチロールは、
    アルミ蒸着シートが風化してボロボロになってしまっているので、
    今日のところは限られた時間で張り替えられた発泡スチロール1コ分2株だけです。

    20140423_IMG_1947.jpg
    選んだのは、ショコラとクオールディブエ。

    クオールディブエは、去年育苗に失敗してしまった品種。
    今年はなんとか育って欲しいと思いますが、
    植え替えするときに根を痛めてしまったので、ちょっと心配。

    20140423_IMG_1948.jpg
    ショコラの花は元気です。もういちどデコピンしておきました。

    あと6株。
    何株かは里子に出すとして、まだまだ発泡スチロールやゴミ箱との闘いが続きそうです。

    今年のトマトは、黒・藍・赤・桃・白色です
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ


    2014-04-22 18:00 | カテゴリ:トマト
    まずいです…
    非常にまずいです…

    トマトの花が咲いてしまいました…


    ショコラの鬼花

    タイピングエッグも咲いています。
    まだトマトトーンの準備ができてないので、取り急ぎ花芽にデコピンしておきました。

    ちゃんと着果してくれるかしら…

    というか、まだ定植できずにペットボトルのままでこんな状態。


    室内で、ぼーぼー

    今年は去年に比べて暖かいようですね。
    早くベランダに定植してあげないと。
    トマトたちの文句が聞こえて来そうです。


    早くしてよねっ!ここのベランダはスタートダッシュが勝負なんだからっ!



    灼熱地獄になる前に、収穫を稼ぐのですw
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ


    2014-04-21 22:29 | カテゴリ:水ナス
    初春はひたすらトマトの育苗に集中していましたが、
    4月に入ってからは、ホームセンターに続々と苗が並び始めました。

    毎年この季節に苗を増やし、
    夏になる頃にはベランダがジャングルのようになってしまうので、
    控えめに、控えめに・・・と自分に言い聞かせつつ、
    苗を見ると足を止めてしまいます。

    2014-04-21-2.jpg
    で、購入。

    去年、とあるお酒の席で「栽培するなら水ナスが絶対オススメ!」
    と言われたのを、これを見て思い出してしまったのだな。

    水ナスは、水分量が多く、灰汁が少ないので、生食でも楽しめるのだとか。
    逆に、流通する間に味が落ちてしまうので、
    自分で育てて食べるのがイチバンなのだそうで。

    2014-04-16-1.jpg
    左端が定植した水ナス。

    ナスは栽培が難しい印象があって、ここ数年は栽培していなかったのですが、
    美味しいのが収穫できるとよいな♪

    となりのイチゴ2株については、また後日レポートします♪


    いつも思うけど、野菜育てる人とお酒飲む人には食通が多い!
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ

    2014-04-20 23:29 | カテゴリ:その他
    名古屋市のすぐ近くに、弥富市という金魚で有名なところがあるのですが、そこに、日本の水耕栽培のさきがけともなったM式水耕栽培研究所がある、ということは、数年前から聞き知っていました。
    ・・・が、小心者なわたしは、なかなか突撃訪問する勇気もなく、長らく遠巻き?にしていました。

    そんな中、先週末と今週末に縁あってM式水耕栽培研究所を見学にいく機会に恵まれ、はじめてプロとして水耕栽培をしている方の、しかも日本での水耕栽培のパイオニアな方から、そのお話を聞くことができました。

    M式水耕栽培研究所:http://www.gfm.co.jp/

    現在の会長さんでいらっしゃる村井邦彦さんが水耕栽培に目覚めるきっかけになったのは、伊勢湾台風で畑が壊滅的な被害を受けたときだったそうです。なんと1959年。
    浮き草が水面で元気に生き残っているのを見て、同じことが野菜でもできないか?と思い立ち、礫耕栽培からスタートしたのだそうです。

    日本の水耕栽培の歴史は、戦後アメリカの駐留軍が、生野菜を食するために日本中のガラスをかき集めてハウスを作って作ったのがはじまりと聞いていましたが、日本人が自分の手で水耕栽培を始めたのはいつなのか、ずっと分からないでいましたので、こんなに近くにその存在があったというのは、なんというか本当に驚きです。

    わたしにとっては、もはやすっかり身近なものになっている水耕栽培ですが、こうやって企業として大規模に栽培しているところを見るのは初めて。

    2014-04-19-1.jpg
    自然光溢れるハウスの中で、すくすく育っている葉野菜たち。

    発泡スチロールの板に定植されているレタスたちは、成長するごとに細長いプールの上を移動していくそうです。
    クリーンルーム+LEDの植物工場と違って、虫もいるし水草も生えているけれど、より自然に近くて暖かい雰囲気です♪
    完全アナログ栽培をしているわたしにとっては、親しみやすい。植物も気持ち良さそうです。

    2014-04-19-3.jpg
    肥料による成長差を実験しているそうです。

    M式水耕栽培研究所さんは、各地で万博などのパビリオンの植物展示や、水耕農場や植物工場のプロデュースをしたりしているそうで、いろいろな栽培を試したり、肥料について研究したり、していました。

    わたしは、肥料に関しては本当にアバウトで、おおよそマニュアルに従っていますが、基本的に目分量のいいかげん栽培なので、およそ真似できませんけれど、肥料によってどんな変化が出るのか興味津々です。

    正確さと、観察力、洞察力が必要そうです!!

    2014-04-19-2.jpg
    持ち上げて根っこを見せると、周囲から歓声が!

    水耕栽培をしているわたしにとっては、根っこが水中に浮かんでいるのは珍しくない光景ですが、やはりまだまだ一般には認知されていないんだなぁ、とあらためて感じました。

    2014-04-19-4.jpg
    上からぶら下げて栽培をしているトマトたち。

    溶液層は頭上にあって、上から枝を垂らしているミニトマトたちです。
    トマトはもともと、地這いして育つ植物だそうなので、下から上へ吊って育てるより自然なのかもしれません。
    上からぶら下げることで、収穫も楽になるのだとか。ブラ下がりつつ、アグレッシブに頭を持ち上げて成長している姿がなんともエネルギッシュです。我が家のトマトなど比較にならないほど太くてしっかりした株に目が釘付けでした。
    この育て方、やってみたいなぁ!!

    M式水耕栽培研究所さんは、農業建築にも造詣が深く、実験用に作った骨組みやドーム型ハウスなどが敷地内にたくさんあります。その中でも、1970年代から80年代に試みられた空気膜構造パビリオンの一部を移設したドームが残っているのを見学できたのが印象的。

    2014-04-19-5.jpg
    道なき道を行く、ワクワク感♪

    30年かそれ以上の時をそのままの姿で耐え続けているドーム型ハウス。
    それって、何気に凄いことですよね??
    天井を突き破って中央に育っている木が顔を出していて、宮崎駿の世界そのままです。

    2014-04-19-6.jpg

    水耕栽培、農業建築、農業デザイン・・・
    時代がやっと、M式水耕栽培さんの研究してきたことに追いついてきた、といっても過言ではないかもしれません。

    ここでは、実際に水耕栽培で育てた野菜たちを、自分で収穫(発泡スチロールの板から根ごと引っこ抜く)体験ができて、知ってるわたしでも、かなりワクワクします。

    もちろん、いただいた&購入した野菜たち(大葉とバジルとミント)は、自宅に帰って我が家のペットボトルに植え替えました。
    我が家の環境は、M式水耕栽培研究所さんとは比較にならないほど貧弱なので、ちゃんと育つか謎ですが、一つの楽しみになりそうです♪

    2014-04-14-1.jpg
    とりあえずペットボトルに差した大葉

    もちろん、これではあまりにもペットボトルそのままなので、この後ちゃんとした装置に加工しましたよ。汗
    根っこが茶色くなってしまっているけれど、復活できるかなぁ。

    2014-04-20-1.jpg
    バジルとミントも!(ミントはざっくり刈った後なので汚いです...)

    水耕栽培を広めたい!という思いで、ワークショップしたりキット制作をしたり、いろいろトライしてきましたが、水耕栽培そのものに対する知識はまだまだ浅くて、勉強しなくちゃ、な一日でした。

    またぜひお邪魔して、いろいろお話伺いたいです。


    今年の春夏栽培もがんばるぞー
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ

    2014-04-13 23:37 | カテゴリ:トマト
    2014年のトマト育苗は、1/30に始まりました。
    日照が足りなさ過ぎて失敗し、2/10に種を撒きなおすトラブルがありましたが、
    かれこれ、2ヶ月が経過したわけで。

    種を撒いた12種類のうち・・・

    ・タイ・ピンク・エッグ
    ・スーパー スノー ホワイト
    ・コストルート ジェノベーゼ
    ・クマト
    ・クオール・ディ・ブエ
    ・グレイトホワイト
    ・エバーグリーン
    ・ショコラ
    ・イタリアン・アイス・ハイブリッド
    ・インディゴ・ローズ
    ・ブラック・チェリー
    ・サン・マルツァーノ・ルンゴ

    8種類が成長しました。

    IMG_11704.jpg
    ・コストルート ジェノベーゼ
    ・イタリアン・アイス・ハイブリッド
    ・インディゴ・ローズ
    ・ブラック・チェリー

    IMG_11703.jpg
    ・タイ・ピンク・エッグ
    ・グレイトホワイト
    ・ショコラ
    ・クオール・ディ・ブエ

    もう、サイズ的にペットボトル+竹串支柱では限界です。

    ・・・が、夜のベランダはまだ寒く、最低気温は15度を切ります。
    なかなか定植に踏み切れません。

    調べてみたら、去年トマトを定植したのは5/5でした。
    去年の春はかなり寒かったので、それを鑑みても、まだまだ早そう。

    あー、早く定植してあげたいのだけどなぁ!!
    発泡スチロールの遮光準備などして、気温が暖かく安定するのを待ちたいと思います。

    そうそう、今年はキュウリも育てたいし、
    適度な大きさの発泡スチロールをさらに探してこなくては♪♪♪


    トマト8種類も植えられなーいっ!(><;)
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    人気ブログランキングへ