2013-08-23 21:22 | カテゴリ:その他
    このブログにも、ときどき登場していた我が家のお犬さまが、今週の火曜日に亡くなりました。

    享年16歳。
    あと3日頑張れば、17歳になるところでした。

    梅雨明け頃から体調を崩し、7月中頃からガクンと食欲が落ち、8月に入る頃には固形物を受け付けなくなり、最後の5日間は水だけで激しい心臓発作と痙攣と闘いました。

    本当に大人しくておっとりした良い子だったのに、最後の最後で、なんであんなに苦しまなくちゃいけなかったのか…

    でも、やせ衰えた身体で本当によく頑張ったと思います。
    わたしも最期はほとんど寝ずに見守り、早く楽になって欲しい一心で祈り、思い残すことなくあの世へ送り出すことができました。

    とにかく今は脱力気味。
    この夏は、すっかり更新が滞っているすくすくのブログですが、コメントへのお返事含め、復活まで今しばらくお時間ください…

    って、そろそろ暦上では盛夏が終わっちゃいますね。
    あー、もういっそ、冬眠しちゃおうかな?( ̄▽ ̄)
    2013-08-15 09:26 | カテゴリ:その他
    訳あって、やたら早朝に目が覚めます。

    仕方なしに、野菜たちに水をやろうとベランダに出たら、まだ日の差し込んでいない青空の下のベランダには、秋の気配が漂っていました。


    抜けるような青空と雲南百薬

    秋なんだなぁー、としみじみ思いながらベランダを見渡すと、またひとつ命を落としたモノが…


    きゅうりのラリーノ…

    太陽が少しづつ傾いて来て、養液層にダイレクトに直射日光が当たるようになってきています。
    早朝は涼やかでも、昼間は灼熱地獄。手を突っ込むと、養液はお湯のようになっていました。

    こりゃあ、耐えられないよね…。


    くわっと日差しが差してくると、真夏に逆戻り…(ー ー;)

    モロヘイヤや空心菜は、お湯のような養液でも元気に育ってます。強いねぇ。

    とにかく今年のすくすく農園は、灼熱すぎ。
    わたしにしては珍しく、早くも気分は秋冬栽培をどうするか?に傾いています。


    いま、すくすく農園は、緑一色。
    かろうじてハバネロだけがオレンジ色を帯びています


    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    2013-08-10 19:35 | カテゴリ:トマト
    大雨で水没した直後のこの猛暑で、タイのトマトがやられてしまいました。


    雨によるオーバーフローが原因と思われます…

    今朝、仕方なく始末していたのだけど、2本だけなんとか生きている枝を発見。

    このまま復活してくれれば秋トマトが楽しめるはずなので、一か八か株を残して様子を見ることにしました。


    更新剪定ってことで

    秋トマト美味しいのよね。なんとか頑張って復活して欲しいです。


    これで当分トマトの収穫はない…(>_<)

    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    2013-08-08 02:52 | カテゴリ:ペットボトル栽培
    久しぶりの投稿になりました。

    雨模様から一転して、2度目の梅雨明けのようなお天気になっていますね。
    今週末、名古屋は37度まで気温が上昇するとか?

    ぐはー。

    すくすく農園の栽培近況です。


    ペットボトル空芯菜

    2リットルのペットボトルで育てている空心菜が、絶好調になってきました。
    こちらの空心菜は、スーパーで販売している普通の空心菜を挿し芽して増やしたものです。

    季節が合えば、種から育てるより早くて良いのですが、欠点もあります。

    空心菜は生育旺盛なので、養液層の中に浸かっている茎からも新芽が出ちゃうのだな。気づくと養液層の中に日が当たらなくてもやしのようになった空芯菜の芽がとぐろを巻いていたりします…(ー ー;)


    ペット用水飲み器の空心菜

    こちらは、種から育てた空芯菜です。
    奥の方のは、ペット用水飲み器にお茶パックにバーミキュライトを入れて種まきしたのが入ってるのですが、これが異様に元気がいいのです。

    ここのところの雨で草勢が横に流れて、這うように広がってます。そろそろ収穫せねば。。。

    手前のは、水飲み器にプラスチックの小ザルを乗せて、バーミキュライトを敷き詰めて種まきしています。


    ほぼ水没状態ながら元気に発芽

    空心菜は、とにかく暑いのが大好き。涼しいうちはハダニにやられるばかりで、ちっとも大きくなってくれませんが、この暑さが支えになって、アホみたいに育ってくれるでしょう。

    楽しみ。

    空心菜カッターも出動準備OKです!

    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    2013-08-02 01:55 | カテゴリ:プチっと水耕栽培
    中の養液が少なくなると、軽くなってすぐに倒れるのが欠点な、500mlペットボトル水耕栽培装置。

    バーミキュライトが飛び散って、ひどい目にあったことのある人は多いのではないでしょうか?

    これまで、その転倒防止のために、マグカップに入れたり、複数の栽培装置を束ねることをオススメしていましたが、今回ちょっと面白いものを工作しました。


    ペットボトル水耕栽培装置スタンド

    材質は、5mm厚の透明アクリル。
    レーザー加工機を個人の趣味でお持ちのマツジルシさんにお願いして、切らせてもらいました。


    手作業では実現できない精巧なカット
    カチッと組み合うと感動的

    そもそも、常日頃から運と勘と適当さであらゆることを乗り切っているわたしのこと、ちゃんと組み合うように裁断データを調整するとか、至難の技です。

    レーザーでカットするということは、カットラインに沿って焼き切るということなので、微小にアクリルを消失するのだけど、どれだけ消失してるのか実寸測って調べるとか教えてもらっても、どう測ればいいのか、本気で分かりません。ひぇ。

    悪戦苦闘して、消失は0.1mmと分かったら、どこのカットラインをどう調整したら、その消失分が補えるのか、とかもサッパリ。

    答えは、穴側のカットラインを0.1mm小さめに描く、ということなのだけど、それを理解するのにさえ時間を要しました。

    そんなこんなで完成した、ペットボトル水耕栽培装置スタンド。
    ミント三兄弟が、いつもに増して涼やかになりました。


    ちょっとピンボケ?

    たくさん作りたいところだけど、この5mm厚のアクリルが結構高価なのが欠点かな。


    本当は、いろんな色のアクリルで作ってみたい

    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ