-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2015-06-28 08:37 | カテゴリ:モロヘイヤ
    今年のすくすく農園は、やたらトマトとペッパー類が多くて、ナスやオクラは諦めたのですが、スペースが許す限り、葉野菜も育てています。


    こちらはモロヘイヤ

    我が家の夏の定番なネバネバ野菜。
    そこそこ大きくなってきたので、摘芯を兼ねて収穫。


    今回はコレだけ

    これからどんどん株を大きくして、モロヘイヤの自給自足を狙います。
    これからのアオムシの食い荒らし防止と、毒のある実を生らさないようにきちんと摘花することが課題です。

    ちなみに、プランタには小ネギ輸送用の細長い発泡スチロールを使いました。
    葉物野菜を育てるのにちょうど良いサイズなんだけど、 なかなか手に入らないのよね…

    ドライアイス用の発泡スチロールが一番好きなんだけどな
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    スポンサーサイト
    2013-09-02 23:32 | カテゴリ:モロヘイヤ
    9月です。

    本当はもうちょっと静かに過ごすつもりでしたが、秋冬の計画をしなければいけません。
    この秋冬は、いろいろやりたいことがあって、どうにも落ち着かなくなってきて、出てきちゃいました。

    冬眠にも惹かれたんですけどね….(^_^;)>

    お犬さまの看病中に、いろいろ枯らしてしまいましたが、生き残っている野菜たちもたくさんあります。


    空芯菜とモロヘイヤを収穫

    溶液がお湯になっても、どんなに炎天下で暑くても、元気なのが空芯菜とモロヘイヤです。

    本当は、月末に某所へ持ち込んで料理上手なお兄さんに調理してもらおうと思っていて、ご覧のとおり大量に育てたのですが、あんなこんなで自宅で消費と相成りました。

    写真の量はちょっと多すぎだけど、なんかお野菜足りないなー?と思ったときにベランダで野菜を収穫できるのは、とっても便利。

    空心菜なら、だしの素を加えてサッと炒めると、モロヘイヤは、茹でて水分を絞ったのにかつお節を載せて、ポン酢をかけて食べると、簡単でとっても美味しいです。我が家はそればっかりw

    他に美味しく食べられる調理方法があったら、ぜひ教えてくださいな。

    まだまだ暑いですが、野菜たちは日照時間が短くなっていくのを敏感に感じとっているようです。モロヘイヤは結実させるべく黄色い花が咲き始めました。

    夏野菜たちの勢いが緩んできて、ベランダは徐々に秋の気配です。


    ベランダはまだ緑でいっぱいですが、みんな夏の終わりを感じてか結実に向かって変化してきてます…

    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    2013-05-21 13:15 | カテゴリ:モロヘイヤ
    苗を買ってきて育てているモロヘイヤ。

    我が家の夏の食卓には欠かせない野菜なのですが、今年は苗を買ってからの寒さと強風がすごくて。

    4株中3株は定植して外に出してたんだけど、残りの1株は植えるところがなくて、東向きの出窓にずっと待機していたのです。
    朝しか日差しの当たらない環境でしたが、寒さと風からは守られていて、結果こんな違いが…



    左が外に出していた苗、右が室内で待機していた苗です。暖かくなったのを見計らって、選手交代しました。

    成長の違いがすごいです。というか、寒さと風に当たってた苗は、むしろ葉数が減って貧弱になってるような…

    やっぱり寒いうちに無理やり出してはいけないなぁと反省です。


    今後の育ちの違いが楽しみです

    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    ---------------------------------------------
    ★☆★ プチッと水耕栽培 ★☆★
    キット販売はこちら
    作り方はこちら
    ---------------------------------------------
    2013-05-09 22:06 | カテゴリ:モロヘイヤ
    モロヘイヤには、この寒さは堪えるよねー?まだ苗なのに、最近ちょっと風強すぎるよねー?

    ・・・と思いながら定植したのは、4月21日のこと。
    懸念どおりに寒さに当たり、強風に当たり、懸念以上にボロボロに・・・

    IMG_5809.jpg
    葉っぱがどんどん落ちちゃうのよー

    これ以上痛んだら枯れる、というレベルじゃないかと。
    でも、下の方から脇芽が出ているので、いいかげん暖かくなってきてくれれば、持ち直すかも?

    IMG_5820-001.jpg
    室内で定植待ちをしているスペア苗は、小さいけれど元気です。

    ベランダの3本のうち1本は、この元気苗@室内と交換になるかも?


    モロヘイヤも、苗の成長に時間がかかる野菜です

    ブログランキングへ
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    ----------------------------------------------
    ★☆★ プチッと水耕栽培 販売してます ★☆★
    詳細はこちら
    ----------------------------------------------
    2013-04-24 00:30 | カテゴリ:モロヘイヤ
    先週、プラっとホームセンターへ行って来ました。
    休日を迎える前の、並べたての新しい苗たちが、1ポット68円で並んでました。
    とってもお買い得。
    すくすくのベランダではテッパンになりつつあるこの野菜の苗を、今年も購入してきました。

    IMG_5598.jpg
    左から、ししとう・モロヘイヤ・大葉

    どれも、去年は大量収穫して夏の野菜不足をおおいに補ってくれました。
    (補うどころか、消費に追われていた気がしないでもない・・・笑)

    このうちのモロヘイヤの苗を、週末に定植しました。
    去年はゴミ箱栽培をしたけれど、今年はともこさんからいただいた穴鉢を使って、細ネギ用の発泡スチロールで栽培してみます。

    まずは、穴鉢の準備。
    IMG_5610.jpg
    穴鉢と、台所用の水切りネットをバラしたものを使います。

    IMG_5611.jpg
    こんな感じにネットを敷きます。バーミキュライトが穴からこぼれ落ちるのを防ぐためです。

    IMG_5612.jpg
    吸水布を用意します。今回は帯状にカットしたフェルトを使います。
    あらかじめ、水に浸して吸水力を上げておきます。

    IMG_5613.jpg
    このフェルトの帯をだんご結びにします。

    IMG_5616.jpg
    水きりネットにハサミを入れて穴をあけ、穴蜂の底からフェルトを通します。

    IMG_5617.jpg
    こんな感じ。

    IMG_5607.jpg
    そうそう、苗は育苗ポットから出して、水で土を洗い流します。
    根がつかんでいる土や石ころを優しく取り除いて下さい。
    ちなみに、コリアンダーやオクラなど『直根』の苗は、
    これをやるとあっという間に枯れるので、気をつけましょう。。。

    IMG_5609.jpg
    土を取り除いたモロヘイヤの苗を・・・

    IMG_5618.jpg
    バーミキュライトで固定しながら穴鉢に植えます。

    IMG_5619.jpg
    発泡スチロールの3つの穴に挿して完成です。
    こちらの発泡スチロールは、つい先月まで、マツジルシの基地で白菜を栽培していた発泡スチロールです。
    今回、穴鉢用に穴をふたまわりほど大きく改良しました。

    IMG_5622.jpg
    この日はあいにくの強風で、外に出したとたんに暴風に見舞われていましたが、元気に生きているようです。

    モロヘイヤ、我が家で大人気の夏野菜です。がんばれー!!


    めいっぱい写真入れてみました♪ともこさん、穴鉢ありがとー!

    ブログランキングへ
    にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へ にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ

    ----------------------------------------------
    ★☆★ プチっッと水耕栽培の作り方はこちらにもありますよ ★☆★
    http://sodatte.jp/node/159
    ----------------------------------------------
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。